HOME > NEWS and TOPICS

NEWS and TOPICS

年末年始に関するお知らせ

いつもご覧頂きありがとうございます!
徳島 美容室 VelloniCaです。


12月も半分が終わり、今年も残りあとわずかとなりました。
年末が近づくごとに、ご予約もたいへん混み合いますので
早めのご予約をお待ちしております。


*VelloniCaの年末年始の営業予定*

12/30(木) 10時~18時までの短縮営業。

12/31日(金) ~ 1/4(月)の5日間は休業日。

1/5(火)より通常営業しております。


ここ数日、1日を通してかなり冷え込んでおります。
くれぐれも体調に気をつけてお過ごし下さい(^^)


皆様のご来店、スタッフ一同心よりお待ちしております。

 

IMG_0439.jpg
 


ウルフカット・ピンク

いつもご覧頂きありがとうございます!
徳島 美容室 VelloniCaです。


お客さまのカラーデザインのご紹介!


IMG_0736.JPG

全体にハイライトを入れつつ、外ハネ部分の毛先をワンブリーチ!!
THROWのピンクとtint barのベリーベリーピンクで作った、
濃厚なピンクをガッツリとのせました!

アッシュやグレーとは、また違った可愛さがあります(^^)

 


ハイライト&インナー

いつもご覧頂きありがとうございます!
徳島 美容室 VelloniCaです。


ハイライトとインナーをダブルで入れた、お客さまのカラーデザインのご紹介!


IMG_0722.JPGha

表面にシークレットハイライトを散りばめ、スモーキーなグレーを!
内側には柔らかくて上品なパープルを!
色落ちと共に透明感の増すデザインカラーです。


2種のグレーを使った、デザインカラー

いつもご覧頂きありがとうございます!
徳島 美容室 VelloniCaです。


お客様のブリーチを使ったデザインカラーのご紹介。

 

IMG_5915.jpg

 

前髪を外して、フェイスラインのみをブリーチ。
全体は暗めのダークグレー、インナーに透明感◎のライトグレーをon!
2種類のグレーを使い分けることで、
違和感の無いグレーのコントラストが映えるデザインカラーです!

 


年末年始の営業日、営業時間のお知らせ

いつもご覧頂き有難うございます♪

徳島 美容室 VelloniCaです。

2020年も残す所残り一ヶ月となりました。

VelloniCaでは年末

12月30日【木】 10時~18時までの短縮営業。

12月31日【金】~1月4日【月】までお休み。

1月5日【火】から通常営業しております。

12月は早い段階からご予約が混み合いますのでお気軽にご予約、お問合わせくださいませ。

スタッフ一同心よりお待ちしております。

 

IMG_5862.jpg


ロイヤルパープル

いつもご覧頂きありがとうございます!
徳島 美容室 VelloniCaです。

お客さまのカラースタイルのご紹介!

 

IMG_0581.jpg

 

マイルドなグレージュをベースに、
インナーにパキっとしたパープルをオンしました!

パープルは時間が経っても透明感たっぷりの色味になってくるので、
色落ちの経過も存分に楽しめます!

 

NGなヘアケア・スタイリング

いつもご覧頂きありがとうございます!
徳島 美容室 VelloniCaです!


11月も2週目が終わりに近づき、日を追うごとに寒さが厳しくなってきました。
これから年末年始にかけて、超乾燥シーズンへと突入してきます!
ヘアケア・スタイリングのやり方次第では、
髪の収まりやコンディションが悪くなったりもしますので、注意が必要です!
特にカラーやパーマを継続的にされている方は、
しっかりと髪の状態に合わせたヘアケアをしないとマイナス要因になりかねません。


【NGなヘアケア・スタイリング】

*乾燥毛に、とりあえずオイルをつけて髪をしっとりさせる。

オイルは、頭皮の皮脂となじみやすいのが特徴です。
髪につけてもすぐにしっとりとした質感が変わるのが分かり易いです。
しかし!オイルは髪の表面の乾燥した部分をコーティングし、
熱ダメージから髪を守ってくれますが、髪内部の乾燥した部分には効果はあまりないです。
もちろん、オイルをつけてまとまりが良い方はそのまま継続して下さい!


*髪に潤いのない状態でのドライヤー、アイロンの使用。

潤いがない状態でドライヤーやアイロンを使うと、
熱がダメージしている部分を痛ませる原因になります。
熱が中に篭ってしまい、より乾燥しやすくなりダメージへと移り変わります!
いくら水分を入れても流れ出てしまっては意味がないので、
必ずフタをする(コーティング)オイルの使用をオススメします!


*髪の表面もしっかり保湿しないと、、、。

夏の日焼け防止に“しっかりと保湿をする事が大切”と言われます。
しっかり水分がお肌に定着していると日焼けもしにくいお肌づくりに繋がります。
毛髪も肌と同じ栄養成分【水分・油分・タンパク質】であり、
しっかりとした事前ケアが大事になります!


偏にオイルやミルクなどのトリートメント剤を“髪につける。”と言えど、
数え切れない程の商品が乱立しており、ご自身でチョイスするのは難しいかと思います!
何より重視されるのが、“手触り”や“仕上がり感”だと思います。
ですが、しっかりと下地作りをしないとすぐ元の髪の状態に戻ってしまいます。
何を使うべきかお悩み中の方は、ぜひ一度ご相談下さい!

 

4983b64d3f2a60b30918da8d9786210b.jpg

 


タイガーリリィ

いつもご覧頂きありがとうございます!
徳島 美容室 VelloniCaです。


お客様のカラースタイルのご紹介。

 

IMG_0552.JPG

 

元々ある程度明るさのある髪をベースに、
表面に極細のハイライトをたくさん入れました!
その上から【tint bar・タイガーリリィ】をオンカラーしました。


暗くしがちな秋冬に一味も二味も違う、暖かみのあるオレンジ系カラーです。

 


髪質ごとのメリット・デメリット

いつもご覧頂きありがとうございます!
徳島 美容室 VelloniCaです。


“髪が硬くて言うこと聞かない。”や“柔らかすぎてペッタンコ、、、”など。
髪の硬さが原因で、日頃のスタイリングにお困りの方も多いかと思います!


髪の硬い方は“柔らかいと髪が収まって羨ましい、、、。”というご意見、、、
髪の柔らかい方だと“ハリコシが欲しい、、、。”といった無い物強請り状態となっています。


もちろんスタイリングだけに限らず、
パーマの当たり具合やカラーの発色にも影響してきます!


硬い髪・柔らかい髪、、、どちらにもメリット・デメリットはあります。
コレを知るだけでも、何かしらの役には立つかと思います(^^)


・硬い髪質の場合

【特徴】
硬い髪質は密度がしっかりしており、黒々しくハリツヤがあります。
髪色を作る成分のメラニン色素も多く、カラーの色味が中々入りづらいです。

【メリット】
髪がダメージしにくい髪質です。
パーマやコテ等で髪に動きをつけても、すぐにセット力がなくなりやすい。

【デメリット】
髪に余力がある為、ヘアケアをしてなくてもあまり気にならない方が多いです。
ですので、気が付いた時には髪がボサボサに、、、、、なんてこともあります。


・柔らかい髪質の場合

【特徴】
素が薄く、柔らかい質感が特徴的。
メラニン色素が薄いので、カラーの色味が入りやすいです。

【メリット】
硬い髪質に比べるとカラーをしても色味が入りやすい。
パーマやコテをしてもセット力は持続しやすいです。

【デメリット】
カラーやパーマの繰り返し、コテの高頻度の使用によりダメージしやすい。
ヘアケアはまめにしたほうが良い。


・まとめ
髪質によっては、
なりたいイメージカラーがうまく表現されにくい場合があります。
髪の状態に応じたカラーをすれば、髪にダメージを感じずに綺麗な艶髪にも出来ます。


硬い髪質なら無理に明るくせず、月一で同じカラーを継続して染める。
柔らかい髪質なら希望カラーよりもワントーン暗めに染め、
褪色後の髪色も綺麗な状態を保てる。


秋は髪を休ませてあげるのも美髪の秘訣ですので、ご参考にして見てください。

 

beauty-makeup-and-hair-salon-vector-illustration-vector-id1020620068.jpeg

 

 


冬に向けて

いつもご覧頂きありがとうございます!
徳島 美容室 VelloniCaです。


冬を間近にして、
“髪の毛が傷む → 硬くなる”
この理由について、お客様から質問される事が多々あります。


ダメージの無い髪の状態だと、
【ツルツル】・【さらさら】といった手触りを感じると思います!

逆にダメージのある髪の状態だと、
【ざらざら】・【ゴワゴワ】というような感触になってしまいます。


これには2つ理由があり、1つは“たんぱく変性”と言われています。
よく言われる例えとして、“卵”があります。
生の卵を強い熱処理にかける事で、目玉焼きやゆで卵のように硬くなります!
これは卵の中のタンパク質が熱により硬くなることが原因です。
つまり髪の毛でいうと、
ドライヤーやコテ、アイロンなどの熱処理によって変化した物ということです。


もう1つは“キューティクルの破損”です。
キューティクルは魚の鱗のような構造をしており、
髪の内部の栄養素を閉じ込める“蓋”の役目も兼ね揃えています。
そのキューティクルが剥がれる事によって、
内部の栄養素たちが流出してしまい、手触りも悪くなってしまうのです。


これから冬にかけて乾燥しやすい季節に入りますので、
とにかく保湿と栄養素の高いケアをしっかりとされる事をオススメします(^^)

 

Fotolia_108339113_XS.jpg

 

 


<<前のページへ1234567891011

アーカイブ

このページのトップへ