HOME > NEWS and TOPICS > ドライヤーの重要性

NEWS and TOPICS

< ブリーチなしのダブルカラー  |  一覧へ戻る  |  季節ごとのカラー >

ドライヤーの重要性

いつもご覧頂きありがとうございます。
徳島 美容室 VelloniCaです。


なぜ、髪を乾かさないとダメなのでしょうか、、、?
そこで、ちょっとした疑問と、
それに応じた対策についてピックアップさせて頂きたいと思います!


髪を乾かさない理由ワースト3

・1:ドライヤーを長くやると暑くて、また汗をかくから。
・2:ドライヤーの熱風で乾かすと、“髪が傷む。”と聞いたことがある。
・3:自然な癖毛風にセットしたいからわざと自然放置する。


確かにドライヤーを長時間当ててるだけで、
髪が熱くなり熱を持ちやすくなり汗を掻きやすくなります。
せっかくシャンプーをしてスッキリしたはずなのに地肌がベタつく、、、

ドライヤーでしっかり乾かした後、鏡を見ると髪が余計膨らんでいる、、、。
自然乾燥にした方が見た目でも良い感じするし、
意外と軽く結んでも寝たらいい感じになる、、、。


髪が濡れたままだと、毛髪の切れ毛・抜け毛、
頭皮のベタつき・細毛の原因となります。
様々なダメージが徐々に蓄積されてしまいますので、
“髪を乾かす。”という事はとても重要な理由です


ですが中には、“ドライヤーで髪を乾かすのが苦手”、“上手くまとまらない”
といった方もいらっしゃいます!
そういった時は、以下のポイントを注意してみてください。


・ドライヤーを頭皮から20cmほど離す。
・タオルを巻いてドライヤーをあてる。(※温風+冷風)
・乾かす前にアウトバストリートメントを使用する。
・乾かす前にクシを優しく通してから乾かす。


7月になり暑さが増しています。
お風呂上がりの火照った体にドライヤーは凄く暑くて面倒になりがちです。
そこを我慢してドライヤーしてもらうことで、
これからの乾燥時期の髪のコンディションも良くなるはずです!


shutterstock_727533943-770x514.jpg

 


< ブリーチなしのダブルカラー  |  一覧へ戻る  |  季節ごとのカラー >

このページのトップへ