HOME > NEWS and TOPICS > UV・負担と対処法

NEWS and TOPICS

< シャンプー選び。  |  一覧へ戻る  |  トリートメントの違い。 >

UV・負担と対処法

いつもご覧頂きありがとうございます!
徳島 美容室 VelloniCaです。


6月になり雨の日が増え始め、ジメジメと暑い日々がやってきました。
そして梅雨が明けると、紫外線がさらに猛威を奮ってきます!


紫外線が強くなると、髪の毛にも影響が強く出てきます!
髪の毛も“紫外線対策”とよく言いますが、実際にどういった影響があるのでしょうか?


●紫外線ダメージによるタンパク質破壊。
髪は紫外線ダメージを受けるとタンパク質が破壊されて、
パサつきなどのトラブルが起こりやすくなってしまいます。
特にプールや海などの濡れた状態で浴びると毛髪の中で酸化が起き、
ダメージを受けることが解明されてきているようです。


●紫外線による赤色化。
タンパク質の破壊が進行していくと、
髪の中の色素も酸化によって分解されて“髪の赤色化”を招きます!
髪の毛の内側には肌と同じメラニンがあるため、紫外線を吸収してくれる効果があります。
ただし、髪の毛の表面ににあるキューティクルにはメラニンが存在しないので、
ダイレクトに紫外線のダメージが伝わりやすいです!


上記のことから強い紫外線を浴びると
ツヤが消えたり、手触りが悪くなってしまいます。


●対処法
集中的なヘアケアをされることをオススメします。
トリートメント塗布後に、ラップで包み蒸しタオルで5分程蒸していきます。
少し手間にはなりますが、とても効果的です(^^)


もちろんヘア用のUVスプレーやアウトバストリートメントも然りです。
紫外線が強くなってくると、髪やお肌にとっては良くない事です!


日々、無理なくしっかりとケアしていきましょう!

 

20190524-00127063-roupeiro-000-8-view.jpg

 

 


< シャンプー選び。  |  一覧へ戻る  |  トリートメントの違い。 >

このページのトップへ