HOME > NEWS and TOPICS > ブラッシング

NEWS and TOPICS

< SEE/SAW スプリングノート  |  一覧へ戻る  |  鬼滅カラー:Part2 >

ブラッシング

いつもご覧頂きありがとうございます!
徳島 美容室 VelloniCaです。


“髪が引っかかっているときに無理矢理ブラッシングするのはダメですか!?”

普段、何気なくされているブラッシングですが、
毎日サラサラで何一つ抵抗もなくブラッシングできるとは限りません。


結論からいうと無理矢理なブラッシングはNGです。
無理にブラッシングを行うと、うねりや切れ毛の原因になってしまいます。
せっかくのブラッシングが台無しになってしまいます!


ヘアブラッシングの効果とは?


ブラッシングは髪をとかすという目的だけでなく、頭皮へのマッサージ効果もあり
血流が良くなってヘアサイクルに多大な影響を与えてくれるのです!
髪だけでなく地肌に届くようにブラシの毛先を地肌に当て、
一緒に溶かすことで効果が上がります。
さらにキューティクルが整いますので髪にツヤが出て美しい輝きが増します。


簡単なブラッシング方法とは?


◆毛先からそっと優しくほぐすようにブラシを入れてといていきます。
このときに全体が絡まっていても毛先からとき始めることで、
髪に負担がかかることなくきれいに解くことができます!

◆根元から毛先まできれいに溶けたら、
頭皮にブラシの先が当たってマッサージをするようにブラッシングします。
素早くするのではなく優しくするのがコツです(^^)

◆最後に優しく根元から毛先まで暮らしを優しく通してあげます。
毛先まで一気にガシガシするとキューティクル剥がれたり髪にに負担がかかり、
せっかくこまめにヘアケアしていてもその効果が半減してしまいます。
毛先の絡まりを無視して根元からチカラ任せにやってしまうと、
絡まりを悪化させてしまうこともあり切れ毛や縮れ毛よりも、
もっと良くない状態を引き起こしてしまいます。
“優しく”というのを意識するのがとても大事です!


この時に使用するブラシは“パドルブラシ”というブラシがオススメです!
パドルブラシはピンの先が丸くなっているので頭皮を傷つけないようになっています。


もちろん人によって好みがありますので、
気に入ったブラシを見つけて実践してみて下さい!!

 

uploaded.jpg


< SEE/SAW スプリングノート  |  一覧へ戻る  |  鬼滅カラー:Part2 >

このページのトップへ