HOME > NEWS and TOPICS > 夏と冬の褪色の違い

NEWS and TOPICS

< ネイビーな毛先  |  一覧へ戻る  |  冬場の髪の潤い。 >

夏と冬の褪色の違い

いつもご覧頂きありがとうございます!
徳島 美容室 VelloniCaです。


1日を通して、エアコンがいらない日が増えてきました!
湿気もほぼ無くなり、空気が乾燥しているようにも感じます。
そんな秋や冬に変わりつつあるこの季節。


夏にはよく聞いていた声、“紫外線で色が抜けてしまって、、、。”
冬にはほぼ聞かなくなります。
実はこれ、褪色としてはあまり変わらない場合もあります。


褪色の原因は、主に髪の毛からカラー剤の染料が流れ出てしまう事でおきます。
紫外線は、キューティクルの損傷と、染料の破壊を起こします。


ですが、紫外線は冬でも降り注いでいます。
夏に比べると日差しも弱く、量も3分の1ほどにはなりますが、降り注いでいます。
そして紫外線のダメージというものは、浴びた時間によって変わってきます。


夏場は日焼け止めクリームや日傘・帽子などで対策をしますが、
日焼け対策をしていない肌や髪の毛に、受ける紫外線は自然と強力になります。
肌に当たる紫外線は、夏の10分と冬の30分、、、
これは変わらないそうです。


逆に冬場になると退色の声が少なくなります。
これは夏の色が抜けてしまうイメージもあると思いますが、
日差しが少ないため、髪の毛の明るさが暗く見えるのです。


冬だと言って油断すると、紫外線により褪色や、ダメージの原因となります。
さらには冬は乾燥している時期なので、保湿することも大事になります。


ホームケアも凄く大事ですが、
サロントリートメントでしっかりケアする事も大事です(^^)

 

 

I039883259_349-262.jpg


< ネイビーな毛先  |  一覧へ戻る  |  冬場の髪の潤い。 >

このページのトップへ